<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

妻からみなさんへ


お久しぶりです。みなさんお元気でしたか? 私はあいかわらず元気です。
星の合図はまだあるよ、と聞いて、今回はスピさんのブログに代理UPしてもらいます。
尚、星の合図は消したりしません。宣言いたします。 と申すのも、自力では無理ではないのかな、と思い至りました。縁(えにし)みたいなものです。きっと。


『あきらめたがるのなら』 思惟

それでも君がすべてをあきらめ 倒すのなら
僕に甘えないでくれ
色にも染めないでほしい
曲も聴かせず本も経典も要らないので
放っておいてくれ
まったく君ひとりで完結しておいで
お別れと似ているね 生き別れのように
もともとそういう表情が匂っていたね
僕を巻きこまないでおくれ
どうかどうかお願いだから
僕を その中から大切にとりのぞいて
生きている世界へと繊細に置いてくれ
頼む 僕に愛に似せた言葉などはかせないでおくれ


詩はどうしても銀色夏生さん風になってしまうのですが、ちがうのですよ---
うまく言えないのですが、違うとはっきり申し上げます。
ということで
私らしい世界も上げておきます。(エアリィなのを)


『空気感』

しゃぼんだまにふきこむ しあわせ
きれいないきとのぞみをつめて
とばすあおいあおいそらへ

きみはなにを つめたいかな?
「つめたいモノ」なんておかしなだじゃれはよしてよね
なないろのはだをして うかぶ しゃぼんだまには
ようせいみたいなエアリィなのがにあう
 

スポンサーサイト

  • 2016.05.05 Thursday
  • -
  • 07:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

search this site.

profile

selected entries

archives

recent comment

  • それぞれ順応の春
    maki
  • 「割れ鍋に割れ鍋」の私達
    楽しいスピ
  • 「割れ鍋に割れ鍋」の私達
    Miho

recommend

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM