<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

それぞれ順応の春


 お薬が効いて心が軌道をはずれることはなくなった退院後の妻は、今「身体が思った通り動いてくれない」「生活のあれやこれやが不自由」という新たな現実に向かい合っています。
 寝起きトイレに辿り着く、その前に二本足で立つことがひと苦労だったり、着替えに膨大な時間を要したり、包丁で野菜を切る際指先にうまく力が込められなかったり。寝床に入るという一見単純な動作が自分でよく分からなくなってしまったり。

「もどかしいでしょ」
「うん」

 何の不自由もなかった時代と比べてしまうのが人情。思わず腐ってしまうのも。

 それでも、心がけて散歩に出る。ついでに簡単な買物を済ませる。
 機能回復の道を進んでおられると感じます。

 一方私は、アラフィフの再就職。
 各所に出向き職業訓練を受ける・ペーパー&実技テストの壁をいくつか突破するetcの直近一ヶ月でした。

 夫婦それぞれに順応の春。

 私が家を空けるようになったので、連携プレイを工夫しながら衣食住をまわしていくこともまたチャレンジ。
「困難」と思わなければ何とかなってゆくものです。

 昨秋、降圧剤など必要な薬を呑まないで家を飛び出すことが続き「我が妻は死んでしまうつもりなのか」と思っていた時期と比べると、ご縁があって自分がアッサリ再就職できるとは予想もしていなかった段階と比較すると、お正月明け入院先の保護室で妻と面会した際の様子と比べると、確かに困難でも何でもありません。
「“問題事”もハイヤーセルフに任せきれば上手くゆく。何の心配も要らない」です。

 人生を信頼する気持ちが劇的に深まりました。
 するとよろずサラっと次の局面へ進める。この世体験を一つ重ねただけ‥と知る。

 順応のこの春自体が思い出になるのでしょう。

 夫婦力を合わせる現在のリアリティーを大切にしてゆきます。

乙女椿
 

スポンサーサイト

  • 2016.05.05 Thursday
  • -
  • 08:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
楽しいスピさん

以前からTwitterなどで、スピさんや観音崎苺さんの文章を読ませて頂いてました。

しばらく読めずにいたのですが、最近、しばらくぶりに読ませて頂いたところ、苺さんがセロクエルやエビリファイを飲んでおられることや、その副作用のことを知りました。

私は母か長年、精神薬を飲み続け、最近減断薬をして落ち着いてきました。

「薬のチェックは命のチェック」という季刊誌の編集長をされてる浜六郎さんの本「読んでやめる精神の薬」があり、

セロクエル(不整脈、高血糖)、エビリファイ(不眠、興奮、覚醒剤的作用)の副作用が書いてあり、特にエビリファイは危険と書いてありました。

精神薬を急に減らすのは危険ですが、減断薬の当事者の体験など書いてある本や、精神薬の減断薬の本を読みながら、慎重にゆっくりと減らしてゆく方法、ご検討頂けたらと思いました。

エビリファイを飲んでたら眠れないと思います。でも、急に減らすと離脱症状が厳しいと思うので、少しずつ、取り組みができるよう祈ってます。

スピさんも新しいお仕事を、始められたところで、お忙しいかもしれませんが、

お仕事や生活が落ち着かれたときに、苺さんと一緒にご検討頂けたらと思います。

精神薬を飲むのも、やめるのも、どちらもたいへんです。簡単にやめた方がいいです、とも言い切れません。でも、薬の副作用を知ることで、選択肢が増えるようにも思います。

長くなりすみません、余計なことかもしれないのですが、気にかかったので伝えさせて頂きました。本来なら苺さんのブログにコメント記入できるとよかったのですが、

コメント記入の欄が見つからなかったのでこちらへ記入させて頂きました。

読んでくださり、ありがとうございます。

私が参考になったと感じる本やブログをお伝えします。ご参考になれば。

「栄養医学ガイドブック」柏木良子
…貧血、低血糖症(血糖値の乱高下)、タンパク質不足、ビタミンB群不足が、
精神症状の原因になってる場合もあるようです。柏木良子先生は、ご自身が精神的不調の当事者で、長年栄養面から改善に取り組まれてきた方です。

「こころの病にくすりはいらない」内海聡
「読んでやめる精神の薬」浜六郎
「薬のチェックは命のチェック:不眠の特集」
「のむな危険」北野慶
「心の病の流行と、精神科治療薬の真実」
ロバート・ウィタカー
八咫烏(やたがらす)のブログ
  • maki
  • 2015/05/06 11:55 PM
コメントする








   

search this site.

profile

selected entries

archives

recent comment

  • それぞれ順応の春
    maki
  • 「割れ鍋に割れ鍋」の私達
    楽しいスピ
  • 「割れ鍋に割れ鍋」の私達
    Miho

recommend

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM